4.「九星気学」の基本原理

「九星気学」が確立されるにあたっては、古代中国より研究されてきた「陰陽五行説」が強く影響されています。
この「五行」が解明されたからこそ今の「九星気学」が生まれ、開運のための具体的な指針を示すことができたのであって、シンプルながら万物の根本を表わす究極の物理理論と言えます。

「五行」とは、この世に存在するすべての物質は5つの要素から構成されており、どんな形状であってもその根本はすべてこの5つのエレメントに分類することができるという考え方です。物質は科学的には原子レベルで109元素にまで分類が可能ですが、「気」という見地から分類した場合、つきつめると最終的には「木」「火」「土」「金」「水」の5つの要素に分けることができるのです。

ヘリウムやラドンといった原子と比べて、「木」や「火」ではなんとも説得力に欠ける大雑把な分類に感じるかもしれませんが、物質はすべてつきつめるとこの5つの特性に集約されます。これは宇宙の絶対法則であり、この法則を上手に活用して生きることが、運気の流れに沿った賢い生き方となります。

「木」「火」「土」「金」「水」は、5つの「気」を分かりやすく便宜的に名づけたものであって、「木」のような性質の「気」、「火」のような性質の「気」という意味で理解してください。

上へ戻る上へ戻る